100 Days of SwiftUI(DAY 78(Time for MapKitt))

ヒント:アプリを本当に便利にしたい場合sourceTypeは、イメージピッカーコントローラーのプロパティをに設定して、.cameraユーザーが既存の写真をインポートするのではなく、新しい写真を撮れるようにします。

ピンをドロップする方法とマップビューの中心座標を使用する方法を理解しているため、ユーザーの位置を取得してテキストと画像と共に保存する方法を理解するだけです。

関連↓
How to Use Camera and Library to Take Photos in SwiftUI