COREDATA」カテゴリーアーカイブ

NSFetchedResultsController in iOS 10 Swift 3

平成30年3月24日(土曜日)

[iOS 10] CoreDataの変更内容をまとめてみました。

以下は、未解決!!

error
Study CoreData 14 ~目に見えるしあわせ~

How to initialize a NSFetchedResultsController in iOS 10 Swift 3

CORE DATA new Knowledge

平成30年3月22日(木曜日)

雛形master-detailを作成すると、自動的に作成されるコードの中で、
以下の部分に気付く。。。。

@objc
func insertNewObject(_ sender: Any) {
let context = self.fetchedResultsController.managedObjectContext
let newEvent = Event(context: context)

// If appropriate, configure the new managed object.
newEvent.timestamp = Date()

要は、entity名(context: context)にて、
newEvent.timestampのようにアクセス可。
いろいろと教えられる事多しなこの頃!!!!!!

上について、更にcoredata作成についても、問題無く格納できることを確認。

注意点:まれにentity名がundefinedとなるが、xcode再立ち上げにて良好となる。

Core Data with Swift

平成30年3月18日(日曜日)

Core Data with Swift
DownLoad_DEMO内に以下保存、実行確認済み。
★CoreDataDemo-master

更に、以下参考(但し、3,4年前なので、このままでは多分不可か)
SwiftでCoreDataを使うときのメモ

★現在、最新 apple sampleと同じ coredata様々
Core Data on iOS 10, a brief overview with an Example

CREATEやUPDATEは、あるが、DELETEは?、以下サイトに検索ワードとして、deleteTaskInで有り(未確認)
Core Data on iOS 10, a brief overview with an Example

DELETEについては、以下参考サイト
iOS: Delete ALL Core Data Swift

改めてCOREDATA リレーション

平成30年3月10日(土曜日)

亡失していたが、4年前に考察し、二段階のフェッチで対処していたことに気付く。
要は、最初のフェッチで、配列の集合を取得し、次のフェッチにて、INを使用して、最初に所得した配列を渡せば、OK!!。

objective-c searchResultsController tableView

平成30年3月7日(水曜日)

tableViewの高さ設定

その他、searchからの戻りとして、以下

objective-c coredata

平成30年3月7日(水曜日)

update memo

datamodel内に要素として、noがあるとpredicateが上手く働かない。
対策は以下としてOK!!

その他、久々として、備忘録
要素が、例えばintegerであるとして、
predicateもついintegerとしがちだが、stringなので注意!!

CORE DATA(サーチバー関連)

平成30年3月7日(水曜日)

サーチバー経由のディテールビューにて、CORE DATAを更新し、遷移元へのリターンでのERROR.
サーチテーブルと元のテーブルのセクションでもっている数の不一致が原因?なのか
取り敢えず、試したこと。

渡されたOBJECTの更新でなく、別途フェッチコントローラで更新するも、不可。

暫くして気付いたのだが、他アプリでは上手くいっていることが、本アプリでは不可となることが、
追求の原因、しかしながら、これは勘違いで、他アプリでは、別エンティティなので、同一ではない。

元のOBJECT更新に戻し、遷移元で、フェッチコントローラをnilとして、取り敢えず動作可。

coredata(全データ オン・オフ)

平成30年3月3日(土曜日)

DetailTableViewController.m

関数 On_off_flag_Set

wildcardにより、全選択肢、前データオン・オフ。