MY-PROJECT考察(2020.09.27〜)

当面の課題 CoreDate

ここからスタート!!

Core Data、SwiftUI、および@FetchRequestとの1対多の関係

core data wildcard

project名—–-CoreDataProject〇〇

当面の課題 map

APPLE
アノテーション表示 ーー>> UIViewRepresentable利用のものは、100days等に有り。但し、ピュアSWIFTUIでは、今の所不明。
swiftui-mapkit-callout-master(ダウンロード版)
及び100days版で当面作業を継続する。

GOOGLE MAP
おでかけを参考に!! UIViewRepresentableを使用して

UIViewRepresentable版  —>>  (GoogleMapsWithSwiftUISample-StarterProject)
(ダウンロード 動作版有り)

How to Use the Google Maps SDK With SwiftUI
当面↑を基に作成!!

旧版
Interactive InfoWindow GoogleMaps iOS

APPLEMAPピュワー版からinitをたどって、viewforanotationを探すこと



基礎データ作成
某サイト top10より
緯度経度取得考察
swiftuiの中にあった緯度経度取得版を調査済

project名 AppleMap-1 アノテーションを置く
↑位置表示有り

その後、googl-app版に緯度経度読み取りがある事から、これを使う事に。

まずは、googl-app版のswiftui調査とDBの構築関係。

naver 今のところ不可
以下、確認要!!

xcode Build SettingsのBuild Active Architecture OnlyがYESに設定されている場合はNOに設定してみ仕えましたか?
libNaverLogin.aをドラッグいただきBuild Phases> Link Binary With Librariesにドロップしましょう。更にarm64もトライする事。

取得を組み込む形で取得できないか??



CoreData

100 Days of SwiftUI

Start CoreData
Core Dataで本を作成する(Bookworm)
100 Days of SwiftUI(DAY 53(Project11 part 1))内部

100 Days of SwiftUI(DAY 53)外部

Bookworm
100 Days of SwiftUI(DAY 57(Project12 part 1))内部

SwiftUIでコアデータを使用するための概要 外部

@FetchRequestの動的フィルタリング
@ FetchRequestとの1対多の関係

100 Days of SwiftUI(DAY 58(Project12 part 2))

Core Data、SwiftUI、@ FetchRequestとの1対多の関係

プロジェクト名
CoreDataProject3改

SwiftUI by Example
① Data編 重要!!最初のCOREDATA設定はここから
Handle data with Core Data integration and more
例によるSwiftUI(SwiftUI by Example)15 Data



MapKit

100 Days of SwiftUI(DAY 68(Project14 part 1))以降を参照!!
プロジェクト名 BucketList-2及びBucketList
BucketList(地点登録、ピン表示、アノテーションクリック、ビュー表示)
BucketList-2(認証追加、更にアノテーション編集機能追加など)
手法は、UIViewRepresentable、Coordinator使用による。

MapKitとSwiftUIの統合
Integrating MapKit with SwiftUI
100 Days of SwiftUI(DAY 69(Project14 part 2))

SwiftUI対応板 但しUIViewRepresentable使用。
現在位置表示版 MYPROJECT swiftui-mapview現在位置表示

73日目–プロジェクト14、パートまで!!

iOS14の新機能対応!!
SWIFTUI BY EXAMPLE
(Responding to events)How to show a map view

例によるSwiftUI(SwiftUI by Example)4 Responding to events

How to Improve Your SwiftUI Map

SOLVED: SwiftUI Map for iOS14

Swift with Majid

新しいmapを使ってみた


zoom

SwiftUI by Example Transforming views
How to synchronize animations from one view to another with matchedGeometryEffect()


ScrollView

ScrollView(.horizontal)
例によるSwiftUI(SwiftUI by Example)3 View layout
レイアウトを表示
View layout


Launch screens

Xcodeでの起動画面:すべてのオプションの説明


ハングル文字 書体

가비아


サイドメニュー

SwiftUI サイドメニューの実装(目の保養付き)

その他 検索word swiftui Hamburger menu


SearchBar

Creating a search bar for SwiftUI


Google Maps SDK With SwiftUI

How to Use the Google Maps SDK With SwiftUI
進行中 現在位置表示までok!!

SwiftUIでGoogleMapsを表示するには

api追加は、Google Cloud Platform
Google Cloud Platform.

GooglePlaces
API Places 追加!!



NAVER Map iOS SDK

In order to use the NAVER Maps SDK, you need to get a Client ID from NAVER CLOUD PLATFORM and set it for the SDK.
NAVER Maps SDKを使用するには、NAVER CLOUDPLATFORMからクライアントIDを取得してSDKに設定する必要があります。

NAVER CLOUD PLATFORM
トップ画面から Application Service欄 更にMapsを選択!!

以下ダイレクト接続!!
console–>>Application

Application Service —–>>>>>Maps

NAVER Map iOS SDK
cocoapods install

Xcode projectフォルダに移動後

Podfile修正

TermでOperation not permitted
MacのターミナルやiTermでOperation not permittedが出る場合の対処法

NAVER Map iOS SDK Demo
2020.11.05 version SDK 최신 버전(3.10.0) 업데이트

URL Scheme
NAVER MapアプリのURL Scheme

4日の重要事項
import NMapsMap
brew install git-lfs
git-lfs install
pod install –repo-update

naver 旧バージョン
Naver Map SDK for iOS